弾力肌に必要なヒアルロン酸の役割と選び方

ヒアルロン酸が肌で持つ役割とは

ヒアルロン酸は人間の体内に含まれる成分で、主に細胞の間に存在して守護する役目があります。眼球や関節の他、皮膚に含まれることで知られ、皮膚では水分保持によって潤いを守っています。人間の皮膚構造は大きく3層に分かれており、角質、真皮、皮下組織の内、ヒアルロン酸は特に多く真皮に存在しています。美肌成分として知られるコラーゲン、エラスチンなどの真皮を構成する要素の間に存在し、水分を保持することによって弾力のある肌をつくり出しているのです。

加齢で減少?ヒアルロン酸化粧品の役割は!?

潤いのある肌を保持する役目のあるヒアルロン酸ですが、加齢を原因として40代後半から皮膚からの減少が目立つようになります。これは、皮膚の真皮に存在する線維芽細胞が加齢により減少や機能不全になるなどが原因で、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成が上手くできなくなり、たるみや乾燥などの肌荒れの原因となります。多くの化粧品に含まれるヒアルロン酸は、皮膚に塗ることによって潤いを守る役目があります。高分子であることから化粧品のヒアルロン酸を真皮へ届けることはできませんが、角質に多くとどまり水分保持することで蒸散を防ぐとされています。

ヒアルロン酸化粧品の選び方

肌の保湿に役立つヒアルロン酸ですが、化粧品でのヒアルロン酸単独使用での強力な効果は期待できないのが現実です。むしろ、コラーゲンやセラミドと言った肌の保湿に有効なほかの成分と一緒に使用することで役割を発揮します。特にセラミドのサポート成分として使用することで高い効果を得られます。また、化粧品の選び方では、ヒアルロン酸やセラミドと基材成分として一般的に相性がいいとされるのはグリセリンです。シンプルな成分構成かつ、水・グリセリン・ヒアルロン酸の順番で記載のあるものはヒアルロン酸化粧品として良いものと判断していいでしょう。

しわに高い効果があるのがヒアルロン酸注射です。治療はしわのある部分に注射をするだけなので、気軽に受けることが出来ます。