本当に大丈夫?血液クレンジングの方法や疑問点

クレンジングって何をするの?

血液クレンジングと聞いてどのような事を想像するでしょうか。血液を洗うのか血液で洗うのか、その辺りからして疑問ですよね。血液クレンジングとは血液を洗う事で、採血した血液にオゾンガスを混合し、再び人体へと戻す療法の事です。主にヨーロッパで行われており、施術内容によっては5分程で終了するなど、非常に短時間で血液をオゾン化する事が出来ます。日々の健康に不安な人から、ガンや免疫疾患などの難病にも効果があると言われている場合もあります。

どのような施術方法なの?

血液をクレンジングを行う場合、とても大掛かりなイメージがあるかもしれません。人工透析のように血液の入れ替えを考える方もいるかもしれませんが、実際はとても簡単です。少量自家血療法と大量自家血療法があり、少量の場合は3から5ccの血液をオゾン化して注射器で戻します。大量の場合は100から200ccを専用瓶に採決し、そこにガスを含ませて体内に戻します。大掛かりな機械は必要としないので、体調に不安のある方は調べてみるのも良いでしょう。

受ける前に知っておくべき不安点

日常生活での不調から難病への効果まで様々な方面に期待されていると言われる血液クレンジングですが、実際の効能の程ははっきりと判っていません。何より、人の体は血液の循環によって成り立っています。その血液に直接手を加える訳ですから、慎重に慎重を期す必要があります。また、医療として認められている物ではないので、治療と言う扱いにはなりません。多くのを効能をもたらすとされている施術ですが、最後は自分が信じるかどうかで決まります。

血液クレンジングは、エイジング効果・更年期障害・冷え症・肩こり・頭痛・腰痛に大きな効果が期待できる治療法です。