医療用レーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛の違いって何?

そもそもレーザー脱毛の仕組みは?

レーザーによってどうして脱毛できるのか気になりませんか?実はレーザーは波長の長さによって特定の色や物質に反応する、という性質を持っているんです。レーザー脱毛はこの性質を利用して、メラニン色素という黒い色のみに反応するレーザーで施術を行っているんです。ただ、黒い色に反応するという性質を持っているので、日焼けした黒い肌には施術ができないこともあるそうです。それと、色素の薄い白髪や産毛などへの効果も薄いみたいですよ。

医療用と家庭用の違いは何?

レーザー脱毛はメラニン色素という黒い色素に反応するレーザーを使って施術を行います。この仕組み自体は医療用でも家庭用でも違いはないんですよ。大きな違いはレーザーの出力なんです。そもそも、医療用のレーザーは医療機関でしか扱えません。なので家庭用のレーザー脱毛器は、医師でなくても安全に使えるように出力を弱くしているんです。当然、医療用のレーザーより脱毛効果はかなり落ちます。ムダ毛が薄い人や部分的に脱毛したい人なら家庭用でも十分かもしれませんが、全身をしっかり脱毛したいなら医療用の方が良さそうですね。

レーザー脱毛するなら医療用?家庭用?

レーザー脱毛の方法としては医療用と家庭用とがありますが、基本的には医療用レーザーを利用するのがオススメですよ。家庭用がダメと言う訳ではありませんが、そもそも家庭用脱毛器はフラッシュ方式が主流でレーザー方式が少ないんですよね。それに、家庭用のレーザー脱毛器は照射範囲がもの凄く狭いので、全身を脱毛したい方には向いていないんですよ。脇や指先の脱毛など狭い部分の脱毛にしか向いていません。もちろん、クリニックでレーザー脱毛するよりは安いというメリットはあります。

ムダ毛の事で悩んでいるのならば、レーザー脱毛を利用すことで、皮膚にダメージを与えずに脱毛を行うことが可能になります。