素敵な笑顔をつくる!治療跡と仕上がりにも配慮した歯科医院

審美性に優れた歯科材料

歯医者さんでの虫歯治療は単に歯の機能性を維持するだけのものではありません。歯の治療には素敵な笑顔をつくりだす目的もあり、歯科クリニックの中には見た目を重視した治療を積極的に取り入れている場所も見られます。素敵な笑顔をつくり出す上では虫歯治療で使用される金属製の詰め物は理想的ではありません。大きく口を開けた際に銀色の詰め物が目立ってしまえば、笑顔の魅力も半減してしまいます。そのため、歯科クリックでは詰め物の色調や周囲の歯とのバランスにも配慮して治療を施しているのです。

歯科治療で使われる素材の特徴

歯科治療で使用される素材には様々な種類が挙げられます。従来の歯の治療はコストが重視されたために金属が用いられる事が一般的でした。しかし、歯科治療の多様化や見た目を重視した治療を求める患者が多くなったことで、金属だけではなく色調や素材感の優れたものが使用されるようになってきました。歯の白さを際立たせる素材としてはセラミックが多く使用されるようになりました。これは天然歯と調和する色調や艶やかな素材感がメリットとされ、見た目を重視した歯の治療で一般的に使用されています。、

歯の見た目を整える治療法

歯の治療は歯の形状や着色した汚れを改善する事が目的である場合も見受けられます。これは歯の表面に薄いプレートを貼り付けることで改善できるトラブルです。この治療法は歪な歯の形や着色の問題を改善する事ができ、ラミネートベニアとして普及しています。ラムネーとベニアはセラミックでできた薄いプレートで歯の表面に貼り付け見た目を整える事が可能です。また、虫歯治療で使用された金属製の詰め物をセラミックに換えるケースもあり、素敵な笑顔をつくり出す事も出来るようになっています。

オールセラミックの器具は、実に様々な場面で役立つことが知られ、調理を好む人からの注目が集まっています。